ポイントサイトの新規登録、即ポイントを貯める方法、タダ飯情報など日常のお得情報を幅広く発信中。最新のお得ポイント生活情報はもちろん、お得にポイントを獲得して心と財布の豊かさは比例する事を配信実践していくブログです。

クリエさんのポイント生活お得情報

お金の勉強 お金の勉強初級編 知識を高め貯める

お金の勉強初級編(21)株主優待のお勉強②

投稿日:

こんにちはクリエです

前回は「株主優待」狙いのリスク面を中心にお伝えしてきました。最初にリスク面をお伝えしたのは基礎を押さえていないと痛い目に逢うからです

今回は少しでも安全に尚且つお得に購入する手段をお伝え致します

今年12月権利日は12月26日です。逆日歩が7日つくのでかなりチャンスがあるので記事にもしています

煽っているわけではありませんのでご理解ください

最初はデモ取引(エアー取引)で試してみることをおすすめします

両建て(クロス取引)をしない初心者は大概損をします

未来の株価(1年後)がいくらになるのかは誰でも予想はつきません。年初に必ずといって良いほど年末の日経平均株価の予想をするコーナーがあります。しかし大概は3ヶ月もすれば忘れられてしまいますし、正解不正解の答え合わせもしません。日経平均株価予想で良く当たる似鳥昭雄さんでも今年の予想は外れそうです

1年後の予想はなんとな~く予想して上がる下がる言えば当たるかもしれません。当たる確率は共に50%だからです。例えば来年オリンピックがあるから上がるという方もいれば、オリンピックが終わったら景気後退になるから下がるという方もいるでしょう。要は根拠が無いのに上がる下がるの予想をしているのに過ぎません

しかしこれが1週間後、1ヶ月後、3ヵ月後でしたらどうでしょうか?

投資経験は人それぞれですがオプション枚数動向、先物取引枚数動向、TOPIX先物動向、為替円ドル、寄与度の高い株式の出来高と歩み値、海外個人投資家動向外資系金融機関動向空売り比率を見て研究している方であれば、ある程度の予測はできます

私は先物とオプションが得意ですので、日経平均株価が1ヵ月後位に上がりそうなポジションを大口投資家(海外個人投資家、外資系)が入れてきたら現物株を優待と値幅狙いで購入しヘッジは権利日ぎりぎりまで考慮します。又1ヵ月後位に下がりそうであれば先に売りを入れて権利日に売りを清算または両建てして現物株を買うこともあります。私は基本個別のチャートは予測予想はしません、良い材料悪い材料が出れば一方向に動くだけですし、先物などで相場全体を見るようにしています。個別銘柄で日経225銘柄でないものも当然ありますしね

この先の未来の株価がある程度読める方は投資経験により差があります。当然、1ヶ月先予想で7割当たる方は1週間先の予想は8割以上当たりやすくなるでしょう(大口投資家が突然ポジションチェンジした場合は除く)

優待株の投資の基礎知識などで人気優待は権利確定日に向けて上がりやすくなるからよく2~3ヶ月前に買いなさいなどという、でたらめな書籍雑誌がたくさんあります。全体の統計では確かに上がりやすいのでしょうが、優待廃止、優待縮小、更には倒産といったことがごく稀にあります。前回記事のヴィレッジヴァンガードの例です

3ヵ月後の株価予想をするのはとても難しいことです。3ヵ月に1度あるメジャーSQ日明けなど大口投資家でさえまだポジションを入れていないのに予想などできるはずがありません。よく言う株価が下がって株主優待をもらうのは本末転倒ですので初心者の方は必ず両建てをしましょう。リスクを下げて少しでも損を少なくして学び、成長した段階で大きな資金を投入しましょう。知識があっても手元の資金が無くなってしまってはいけません。元の資金に戻すには2倍以上の労力が必要になります

専業投資家歴30年以上の方でも権利日当日に両建てしています

とある有名な専業投資家さんの優待購入歴と結果になります

この方は累計利益4億円、本年利益が6600万位出ている方です

2017年の古いデーターにはなりますが良い取引がありましたのでご紹介いたします

権利日確定の日に優待クロスで3銘柄優待クロス取引をしています。更になぜか、すかいらーく株を制度信用買と一般信用売で同枚数約1610万円分購入されています。なぜか分かりますか?

信用で買っても株主優待の受け取る権利はございませんし手数料は当然かかります

この方は、すかいらーくを優待クロスで狙っていた際に信用売りが過剰に膨れていたのが分かっていたのでしょう

逆日歩狙いをしています

翌日の記事になります

26日権利日に逆日歩狙いで信用クロスを実施した理由は逆日歩が6日間あるので期待値が高いと判断したからだそうです

結果は逆日歩は6日で3.9円と想定より低い数値たったそうですが、取引コスト11537円で逆日歩利益が19500円(3.9円×5000株)なので7963円得をしました(価格は同枚数同値で決済しているので損益ゼロ)

このように株主優待を攻略する上でみんな試行錯誤で色々な取引方法を研究しています。私よりも経験と利益をあげている方が当日に優待クロスを入れるという事は普通に考えて権利日当日に両建てした方が良いという考えでしょう(リスクを最小限にしている)

また純粋に優待だけが目的で手数料損はしますがクロスさせていますので参考にしてください(もちろん価格で利益を抜いている可能性はあります)

株主優待をクロスさせて優待貰えて良かったねと満足してはもったいないのです。資金に余裕があれば微益よりも逆日歩の大きな利益を取りにいくことを忘れてはなりません

今年は逆日歩が7日あるので稼げる大チャンスかも

予めお伝えしますが、逆日歩が1日しかなければ株主優待クロスのみしかやりませんが今年は当然逆日歩も狙います(私の日経平均の予想では今年の年末までは暴落は無く、株価が横ばいか上昇予想なので現物株は購入済みです)

今年は12月26日権利付最終日になり逆日歩数が7日もあります。ちなみに去年も7日あり、かなりおいしい思いをした方もいたのではないでしょうか?前回記事にもした湖池屋過去3年の逆日歩データーです

去年は手数料は別途ですが58240円頂いています。2017年が0円だったので今年は学習して0円だとは思いますが果たして・・・

ちなみに12月13日信用取引情報はこちらです、あまり期待はしてませんが、嵐の前の静けさかどうかはわかりません

今の所ではありますが狙っているのはすかいらーくになります(逆日歩などはご自身で確認してください)

前回2019年6月30日分の逆日歩は3720円(100株あたり)でした。今回はすでに前回よりも信用売残が増えています。権利確定日までに売残が解消されればどうなるかはわかりませんが、このまま増えていけばということですw他にも似たような銘柄はありますので過去の逆日歩ランキングなどを調べて勉強してみてください

まとめ:お金の勉強初級編(21)株主優待のお勉強②

・今年の12月26日は滅多にない逆日歩が7日つく日でチャンスである

・記事には記載していませんでしたが、12月26日は1年間の中でも買いが勝ちやすい日でもあります、41勝16負。各々の戦術はありますが私は寄り成りで買って、高値又は終値で売りを入れる手法になるかと思います。(前日25日日経平均チャートが寄り底引け高の場合は2日続く事があまりないので戦術を変える可能性があります)

・この逆日歩の法則を覚えておけば、通常の株取引の際でも逆日歩がついている銘柄は売り方の買戻しが入りやすくなるから株価が上がりやすいなど相手側の心理が分かってくる様になります。(相場の格言で逆日歩に売りなし、逆日歩に買いなし両方の格言があります。詳しくはGoogle先生に尋ねてください)

ポイント生活お得情報でした


株主優待ハンドブック 2019-2020年版 (日経ムック) [ 日本経済新聞出版社 ]

(お金の勉強初級編まとめ)

お金の勉強初級編(1)豊かな生活を送ることに送ることに必要なことは5つの力を知ることです

お金の勉強初級編(2)自由な生活を手に入れるためにはどうしたらよいのか

お金の勉強初級編(3)いくら位あれば資本家側になれるのか?

お金の勉強初級編(4)固定費携帯代を見直そう!

お金の勉強初級編(5)固定費医療保険がん保険代を見直そう!

お金の勉強初級編(6)固定費生命保険代を見直そう!

お金の勉強初級編(7)固定費火災保険代を見直そう!

お金の勉強初級編(8)固定費自動車保険代を見直そう!

お金の勉強初級編(9)投資を始めて資本家を目指そう!

お金の勉強初級編(10)経験者と未経験者投資の印象とは

お金の勉強初級編(11)投資商品の特徴を知ろう

お金の勉強初級編(12)投資信託・ETF・ファンドとは

お金の勉強初級編(13)投資信託で勝つ上で絶対に買ってはいけない金融商品

お金の勉強初級編(14)所得税・住民税支払っている方は必ずふるさと納税をしてください

お金の勉強初級編(15)あなたに最適な金融商品とは

お金の勉強初級編(16)S&P500連動投資信託がなぜおすすめなのか

お金の勉強初級編(17)自転車保険とおすすめ保険の探し方

お金の勉強初級編(18)副収入の柱になる事業所得の基礎をつくろう

お金の勉強初級編(19)株主優待をお得にもらおう!?タダ取りとは

お金の勉強初級編(20)株主優待のお勉強①

-お金の勉強, お金の勉強初級編, 知識を高め貯める

Copyright© クリエさんのポイント生活お得情報 , 2020 All Rights Reserved.